• 【 閏 年 】 迷信の意味

    publicdomainq-0013974ntnthw

    私たちのいる田辺市や西牟婁郡でも「閏年に仏壇を買ってはいけないよね?」や

    「お墓を買ったら悪いことが起こるんだよね?」という質問をされます。

    お寺の御住職が言っているなら「何か意味があるのかな?」と思うでしょうが、

    御住職はそんなことは言いません。

    では誰が?? ➡ 近所の方やご親戚の方々が

    何のために??➡ 良かれと思って「何となく聞いたことが有る」のでアドバイス

    がほとんどです。

    これは昔の名残から来ている迷信が、細々と残っているのですが、間違って残っています。

    その迷信の由来を少し記載してみます。

     

    日本では明治7年までは旧暦が採用されていました。

    ザクっといえば、旧暦では1ヶ月29.5日×12ヶ月=354日と、現在の新暦より約10日少なかった

    ので、調整の為に3年に1度閏月があり、1年が13ヶ月になったそうです。

    旧暦時代の武士などは今でいう「年俸制」だったので、1年12ヶ月ではなく13ヶ月と1ヶ月

    増えるのは大問題で、生活自体を節約しないといけない状況でした。

    九州地方の藩主は余計な出費をさせないように「閏年の仏壇購入を禁止」にしたそうです。

    生活を圧迫させないために「良かれと思って」したことが、形を変えて「閏年にお墓を建て

    ると悪い事が起こる」と令和になった現代でも名残として残っています。

    確かに「悪いことが起こる」と言われれば、そんな事は無いと思いつつも、購入を躊躇った

    りしてしまうと思います。

     

    令和の情報化時代、誰でも調べれは迷信や由来などは分かります。

    葬儀もそうですが、正しい知識をもって、各家庭、故人様に合った御供養をして頂ければ幸いです。