和歌山県田辺市の葬儀ならお客さま第一を貫く「お葬式のなかた」にお任せ下さい。


事情でご自宅に故人様を安置できない場合、病院から直接当社ホールに入っていただけます。

なかたとは

中田 勝透
セレモニーホールなかた 代表取締役
昭和48年和歌山県白浜町に中田公益社を創業。平成2年、中田勝透を代表取締役として
有限会社中田を設立。平成9年に和歌山県田辺市に葬祭ホール、セレモニーホールなかたをオープン、本社を田辺市に移し、平成22年家族葬専門式場一刻館をオープン。時代の流れの中、葬祭業からライフサポート企業へと変わっていきます。
地域貢献と地域全体の発展を目指し。有限会社中田は走り続けます。

ご挨拶

私たちは地域と共にある企業として皆様に信頼を頂ける企業を目指します。

私たちは創業以来さまざまな、人間の生と死を見つめてきました。時代とともに、ご葬儀のあり方は日々変化しています。
しかし時代や時間を越えても変わらないのが、故人への想いです。今だからこそ昔を学んで新しいことを知る「温故知新」をご葬儀や供養を通じて皆様に伝えることが私たちの使命であると考えます。

代表取締役 中田勝透

バリュー&ビジョン

お客様なりの故人への想いを形にする為、共に考えることを惜しみません。

最近、終活など、ライフエンディングステージに関わる活動が取り上げられることが多くなり事前相談に訪ねてくることが多くなってきました。
そのような中、死を宣告され、予期悲嘆にある方とご家族がご相談に来られる時は、グリーフケアの思いをもって寄り添う必要があります。
多く方は、お別れまでの期間が短く、「死を宣告された方と共に生きる」という選択肢がなく様々な悲しみや不安が心の中で入り乱れています。
このような方に私たちは何をお話しすれば良いのか?
私なりの答えは、お客様にご葬儀に関する最低限の情報を提供することは重要ですが、一番重要なのは、良い聞き手になる事、お話を傾聴し、カタルシス効果で、少しでも安らぎを与えられればと考えています。またこれが、死別直後から立ち直り課程においても、
より信頼を頂ける大切な第一歩となると思います。

私たちが死を間近に控えた方に直接営業することはありません。
しかし最近では、お客さまが、死の線を越えて、私たちに相談に来てくださいます。
私たちが、お客様にとって一番良い距離感で話しやすい存在になったと言うことなのかもしれません。

最近、相談にこられる方は、儀式としてお葬式を施行したいというよりも、グリーフケアの一環としてお葬式の施行を求める方が多くなってきているような気がします。
私たちが今後、多くの皆様の思いに応えていくには、葬祭業者という枠組みではなく、ライフエンディング事業者と変わっていかなくてはなりません。ライフエンディング事業となると、私たちは、ご葬儀に留まらず、お客さまの様々な供養の形や要望に応えていく必要性が出てきます。単にお客様と葬儀という点で結びつくのではなく、ライフエンディングステージという線で結びつく必要があると思うのです。
私たちは、ライフエンディングステージにいる方々と、最初から最後まで、共に未来を創る事の出来る可能性を秘めた、数少ない業種だと考えています。
葬祭業とは、文字通りお葬式という行事を滞りなく提供するサービス業です。
もちろん、その中には、お客様への心のケアが自然に含まれていました。
しかし、それらは、それぞれの会社の文化や、経験によるところが多く、私たちと、悲嘆経験者の思いとは少しかけ離れていたように今では感じます。

今までの経験とグリーフケアが結びつき、悲嘆反応を起こしているお客様へ対応の際、その方の立場に立って、肯定的に考え理解に努め、お客様とより良い関係を構築できているよう努力を惜しみません。

サービスの3ステップ

1. Communication~お客様に合った「スタイル」を提案するために~
お客様の願望を先読みし、あらゆるニーズにお応えできるように、お客様とのラポールを構築する事や社会にアンテナを張り、知識・技術を向上する事に努めます。

2. Hospitality~たくさんの「ありがとう」を頂ける様に~
プロとして「おもてなしの心」を持ち、身だしなみ、立振舞い、言葉遣いを意識し、気品ある接遇を致します。

3. Knowledge sharing~お客様に名前で呼んで頂けるように~
お客様の経験や趣味・趣向を心得て共有し、メンバーが一丸となりお客様の期待値以上のサービスを提供します。

スタッフ紹介

私どもは、お別れ直後の皆様に寄り添う努力を惜しみません。

お葬式のなかた お気軽にご連絡ください。

事情でご自宅に故人様を安置できない場合、病院から直接当社ホールに入っていただけます。

「イオン特約店葬儀社」に
指定されました。

田辺白浜地方では唯一、イオン独自の「葬儀サービス品質基準」に賛同し、指定の研修を受けた葬儀社です。

PAGE TOP